大切な車を売る

売却のタイミング

車を売却する際に、適切なタイミングというのはあるのでしょうか。
車売却のタイミングによって査定額に差が出るのであれば、それを利用しない手はありません。

季節

車種によっては、季節によって査定額の相場が変動する場合があります。
例えばオープンカーは夏に売れやすく、4WD車は冬に売れやすいという特徴があります。また春先には就職に向けてコンパクトカーの需要が高くなる傾向があります。このように、車種によっては季節によって需要が高まり、その結果として査定額の相場が高くなることがあるのです。ただし年式も査定額に影響しますので、そのあたりの兼ね合いも考慮して売却時期を決めるようにするといいでしょう。

3月と9月

日本の企業は、一般的に4月から3月までを一つのサイクルとしています。そして3月には多くの企業が決算を迎える時期なので、車の購入に適している時期なのです。また9月には中間決算というものがあるので、3月と9月に車を購入する人が多くなる傾向にあります。よって企業の決算時期は中古車の査定額にも影響すると言えます。中古車を売る際は決算を迎える前に売るというのも、高額査定につなげる一つのポイントです。

年明け前

車の年式は、満年齢で数えるのではなく、数え年齢のような形でカウントされます。車の年齢は丸一年経過したから1歳とカウントされるのではなく、年が明けた時点で1歳とカウントされてしまうのです。つまり車を売るのが12月になるか1月になるかの違いだけで、年式に違いが出てくるので注意しましょう。したがって車を購入する際や車売る際は、年度の区切りを意識しておく必要があります。

モデルチェンジ前

車のモデルチェンジというのは、車種の名前などは変わらずに、新型に生まれ変わることを言います。そのため購入のタイミングとしても、売却をする時のことも考えるとモデルチェンジ前を選ぶのが無難なのです。購入直後に車がモデルチェンジをしてしまうと、購入してから日が浅くても、買い手が受ける印象としては古いイメージになってしまいます。よって車売却を検討している場合は、モデルチェンジ前に売ってしまうのが得策だと言えるでしょう。
ここまで、いくつかのポイントをご紹介してきましたが、車の査定額は車種や状態なども影響しますので、これらが適合しているからと言って必ず査定額が高額になるとは限りません。ただし少しだけ車売却の時期を意識することで、相場よりも査定額が若干高くなる可能性がありますので、車売却をする際には参考にしてみるといいでしょう。

損をしない考え方

中古車の相場は、常に一定というわけではありません。査定額には大きく影響するのは、走行距離と年式です。一般的には新しい車の方が高く売れますので、少しでも早く売る方が適切だと言えます。つまり売ろうと思った時がもっとも売却に適しているタイミングなのです。また特定の車種が高く売れる時期や、決算の時期などを待っていても、査定額に数十万円の開きが出るとは限りません。例えば4WD車をシーズンである冬に売ろうとしたが、市場に出回るのが1月だったために、年式落ちになってしまった…というケースも考えられます。そのため車売却に関しては、適切な時期を待っていても、必ずしも待っていた時期に査定額がもっとも高くなるとは限りません。限られた時間を有効に使うためにも、車売却は「売りたい」と思った時期に売るのが一番損をしない考え方だと言えそうです。なお多くの人が車売却や車購入をするのが2月から3月の時期なので、この時期に合わせて売却を検討するといいでしょう。