大切な車を売る

賢く乗り換え

5年前や10年前と、状況がまったく変わっていないという人はいるでしょうか?
おそらく、ほとんどの人が「NO」と答えるはずです。
5年前に大学生だった人は就職し、5年前に独身だった人は結婚し、5年前に結婚をしていた人はお子さんが生まれている頃かもしれません。
変わっていく生活環境に合わせて、車も賢く乗り換えをする時代です。

ライフスタイルの変化

年齢を重ねるにつれ、先々のことまで具体的に考えるようになります。
子供の頃は今日と明日のことで頭がいっぱいだったかもしれませんが、中学生になれば1週間先、高校生になったら1ヶ月先…というように、年齢と共に先々の計画を立てるようになるのです。
そして結婚をすれば、自分だけでなく夫婦としての未来も考えるようになります。自分たちの将来設計に合わせて、より適切な車選びをしていきましょう。

交渉のテクニック

車査定における交渉のテクニックとしては、まず担当に「本当に売る気がある人」と思われなければいけません。
単に価格を聞きたいだけではなく、満足できる査定額がついたら売るつもりが十分にあることを全面に押し出していきましょう。
それから、いくら欲しいか聞かれても、自分から希望額を言わないというのもテクニックの1つです。
もし言うとしても、「ネットで、これくらいの価値があると出たのですが…」と査定額を伝える程度にとどめておくといいでしょう。

すぐに売りたい時

車を売りたくなったら、基本的にはすぐに行動に移すのが高額査定への鍵となります。なぜなら売却を迷っている間にも、車は年をとっていくからです。また売却を迷っている間に年が明けてしまい、年式落ちになってしまう可能性もあります。車の査定額には年式も影響しますので、少しでも早く売る方が高額査定につながりやすいと言えるのです。
車売却を決意するタイミングは人それぞれですが、ここでは車をすぐに売りたい時に役立ちそうな情報をご紹介していきます。

現金か振り込みか

中古車を売却する場合、代金の支払いがいつになるのかは気になるところです。また現金払いか振り込みかも気になる部分ですが、一般的には数日後に銀行口座に振り込みとなるパターンが多いです(または郵便振り込みなど)。なお振り込みまでに要する日数としては、だいたい2日~4日程度が目安となっています。ただし業者によって振り込みまでの日数が違いますので、事前に自分で確認するようにしましょう。
様々な事情によって急遽現金が必要になり、愛車を手放すことになったというケースもあります。そのような場合、査定額の差も気になるところですが、現金買取が可能かどうかも重要なチェック項目となります。中には現金買取に対応している業者もあります。さらに現金買取が可能というだけでなく、即日現金買取が可能となっている業者もあります。「銀行口座に入金されるまで待てない」という場合や、「すぐに手元に現金が欲しい」という場合には、代金の支払い方法やレスポンスの速さなどにも着目して買取業者を選んでみるといいでしょう。

書類の用意

車査定を申し込む際、状況によって業者へのアプローチ方法を変えるというのも効果的です。なぜなら、車をすぐに売って現金にしたい場合と、時間に余裕があって少しでも高く愛車を売りたいという場合では、査定時の交渉において目標となるゴール地点が異なるからです。つまり自分が置かれている状況によって、書類を先に用意するべきか否かを決める必要があるのです。
まず、売却完了までのスピードを重視するのであれば、必要となる書類を事前に用意しておいてから査定の申し込みをする方がいいでしょう。すぐに現金が必要な場合は、少しでも早く売却の手続きを進めるためにも必要書類を先に集めておく方がいいのです。せっかく現金買取が可能な業者を見つけたとしても、手元に必要書類が揃っていなければ代金の支払いが遅れてしまいます。代金の支払いまでにかかる日数は、必要な書類が揃ってからカウントされますので、急ぎの場合は先に書類を用意しておく方が適切なのです。
そして売却完了までのスピードよりも、査定額の高さにこだわりたいという場合は、あえて必要書類を用意せずに行くという方法もあります。この交渉方法が必ずしも有利に働くわけではありませんが、業者によっては「事前に書類を用意してきている=すぐに売りたい事情がある」と深読みをするケースもあるのです。そのため、あえて急ぎでないということをアピールし、交渉において有利なポジションを確保するという方法もあります。このテクニックを使用する目的は、あえて急ぎでないことをアピールすることによって、業者がより高い査定額を提示してくるという効果を狙うことです。なお、このテクニックを使う前に、ネットの一括査定を利用して、候補となる業者をいくつか絞り込んでおくといいでしょう。一括査定をすると業者ごとの査定額が明らかになるので、その中から上位の業者を選んで店舗に赴き、直接担当者とやりとりをするというのが効率的な方法です。このように、書類の出し方一つでも、置かれている状況と得たい結果に合わせて最適な方法を意識する必要があるのです。