大切な車を売る

外車(輸入車)を中古車として売却するなら

車を製造している会社は日本だけではなく、世界にもたくさんあります。
特にドイツやアメリカなどで造られた車は、日本車にも負けないほど高性能な場合もあります。
しかし、日本では外国から輸入された車よりも日本で製造された車の方が、一般的に人気です。
これは外車(輸入車)が悪いというわけではなく、日本車に満足しているユーザーが多いので、特に変更しようと思わないからです。
特に週末の買い物にだけ車を利用する人などは、安全性の高い日本車で充分満足するでしょう。
ただ、車好きにとっては外車の方が魅力的に映ります。
日本車にはないデザイン性の高いフォルムや、高い走行性能に惹かれる人も多いはず。
そのため、車好きの中には、多少値段が高くても外車を購入する人もいます。
しかし、このように外車を購入したいと考えている人は、日本車を購入したい人よりも圧倒的に少数です。
そのため、市場としては日本車のように大きくありません。
つまり、日本車と外車は、ユーザー数に大きな開きがあるのです。
外車を中古車として売却するのなら、まずこの点を踏まえておく必要があります。

なぜ中古車市場で外車は価値が低い?

中古車買取業者は、買取した車をあまり長期間置いておきたくありません。
なぜなら、中古車市場の価格は、ニューモデルが販売されると売れにくくなります。
そのため、出来るだけ早く売らなければ、どんどん売れ残る確率が高くなり、駐車場などの維持費もかさんでいきます。
そのため、中古車を買取する際には、買取してもらえそうな車ほど高額買取が望めます。需要が大きく、売れ残りにくいだけで、買取額は自然と上がります。
日本における外車市場は非常に小さいものです。
そのため、需要数も必然的に低くなります。
売れなければ、中古車買取業者も赤字になってしまうので、外車は最初から売れないと考え、低い金額で査定する業者も少なくありません。
他には、買取した外車が故障した場合、修理にかかる費用が日本車よりも高くなりやすいのも要因の1つです。
もし部品が国内になければ、製造国から部品を取り寄せる必要があるので、修理費がかかりやすいのです。
故障によるリスクが日本車よりも高いので、自然と査定額も下がってしまいます。
このように外車は購入額が高くなりやすいですが、買取額はそれに反して低くなりやすいので注意しましょう。

見分けるのが大切

中古車買取業車の中には、独自の販売ルートを持っている会社もあります。
そのため、お店によっては外車日本車と同じように買取額を設定してくれる場合もあります。
外車は特に、買取業者の得意不得意がはっきり分かれやすいのです。
これは今までどのような車を取り扱ってきて、どのような車が売れ筋なのかにもよります。
外車をたくさん売っている業者は、それだけ外車好きをお客として獲得しているから証拠でしょう。
このように外車を普段からよく取り扱っている会社なら、外車でも高額査定になります。
しかし、買取業者によっては、日本車しか扱ったことがない場合もあります。
そのような買取業者では、外車を充分な値段で売る技術もあてもないので、自然と査定額が安くなってしまうのです。
場合によっては倍以上の差が出ることもあるので、外車を売るのなら外車の売買を得意としている業者を探すようにしましょう。

外車の得意な業者を一括査定サイトで見つける

外車を高く買取してくれる業者はあまり多くありません。
そのため、自分1人で探すのは得策ではありません。
業者を見つけるのに数ヶ月かかってしまうことも考えられます。
そこで、使いたいのが中古車買取の一括査定サイトです。
自分の持っている外車を、どこが高く買取してくれるのかをすぐに見つけられます。
もちろん、外車だけではなく、日本車でも一括査定サイトは便利ですが、外車の方が査定額に差がつきやすいので、より簡単に相性の良い買取業者を見つけやすいでしょう。
このように、外車を普段から取り扱っている中古買取業者を探して、高価買取を狙いましょう。