大切な車を売る

車の相場は変動する

車売る時は、色々なところを見比べるのが査定額を高くするコツです。
それを知ると、じっくりと一番高い見積もりを出してくれるところを探したくなりますが、これには注意が必要です。原則として、その日に提示された見積もりはその日限りであるということを念頭に入れておくといいでしょう。車の相場は刻一刻と変わりますので、愛車を手放す時は、どこかで区切りをつけないといけません。

相場は常に変わるから

まず、車の価値は常に一定ではありません。車買取の専門店によって、欲しい車が違うのです。そのため、まったく同じ車なのに、あるところでは高値がつくというケースもあります。この状況を知っておくと、一括査定サイトがいかに便利かというのがわかります。一括査定サイトを利用すれば、色々な買取店に足を運ぶ手間が省けるのが魅力です。
なお、条件のいい買取店を見つけたら、さらにそこからどこに売るか絞り込む作業が必要です。どの業者に買取してもらうか決めかねている時は、いくつかの業者を自宅に呼んで査定してもらうという方法もあるので、状況に応じてこの方法を試してみるのもいいでしょう。

タイミングが違えば

車の相場は、日々変化しています。それは車の年式にもよりますし、季節や時期の関係もあります。例えば決算前にはいつもより高額査定になることが期待できますが、決算時期を過ぎてしまうと、その時に提示された査定額よりも高値になることは期待できません。つまりその時に出された見積もりは、その時の相場から算出されているというのを覚えておく必要があります。
色々な業者を見比べるのはとても重要ですが、かといって一度出された査定額がいつまでも適用されるというわけではありません。つまり、そのタイミングではA社という業者が一番高い見積もりを提示していたとしても、時間を置いて見積もりを取るとB社という業者の方が条件は良くなっている可能性があるのです。よって、より多くの業者を見比べる必要はありますが、一定の期間を定めて業者選びを行なう必要があるのです。

季節や地域によって

車の相場は、色々な要因に影響されて決まります。上記で挙げたように、売る相手や売る時期によって相場は変わります。
例えばスーパーで売っている野菜も、季節や見た目のキズなどによって値段が変わります。
春には破格ともいえる価格で売られている野菜でも、冬になれば2倍くらいの値段で売られていることがあります。それと同じように、車の相場は常に変動しており、「だいたいこのくらい」という金額がありません。しかも売る業者によって見積もりに大きく違いが出ます。つまり売るタイミングや季節なども重要ですが、それ以上に「どの業者に売るのか」という業者選びが極めて重要なのです。
愛車を手放す際も、季節や地域によって査定額も多少変動する可能性があります。
一例として、夏よりも冬の方が4WDの車が高く売れやすいといわれていますが、寒い地域であれば常に4WDに需要があると予測することができます。よって、住んでいる地域によっても人気の車種が異なりますので、広い意味では気温などが車査定に影響するといえるのです。
そして、愛車の「乗り方」も査定に影響します。ここで注意したいのは、見た目だけでは分からないアピールポイントがないか?ということです。例えば、走行距離がかなり多かったとしても、街乗り専用として乗っていた場合にはマイナス分を減らせる可能性があります。走行距離は多いよりも少ない方が高額査定につながるのは言うまでもありません。しかし、乗り方によっては走行距離のわりに車の痛みが軽いケースもあるので、そういう時はどのように愛車を乗っていたのかもアピールしておくといいでしょう。