大切な車を売る

ボディーカラーの影響

車査定では、ボディーカラーによって買取額が変動する場合があります。車のボディーカラーは定番カラーとトレンドカラーに大別できますが、中古車査定においてプラス査定につながりやすいのは、いったいどちらの色なのでしょうか。

定番カラーが人気色

一般的に、中古車の人気色と言われているのは、ブラックとホワイトです。この他にも、シルバーやパールホワイトなどは定番カラーと言っても遜色ない立ち位置にあります。
中古車を購入する際、ボディーカラーを重視して選ぶ人はわりと多いです。そのことは、カラー検索ができる中古車検索サイトが存在していることからもわかります。
定番色には常に一定の需要があり、中古車査定においても相場が変動しにくいのが特徴です。需要の高さはその車の売れやすさと直結しますので、奇抜な色よりも定番カラーの方がプラス査定につながりやすいのです。そのため愛車が人気色だった場合、相場よりも高額な査定が期待できるのです。
トレンドのカラーは毎年同じではなく、定期的に変わります。そのため、その年には流行の真っ盛りで販売台数が伸びた車でも、それを売却するとなれば話が違ってくるのです。つまり買う時は人気色であったとしても、その車を売る際にはすでに流行が過ぎ去っている可能性があります。車種によって人気色が異なる場合もあるので一概には言えませんが、全体的な需要としては無難な色の方が好まれる傾向にあるのです。

トレンドカラーの需要

男性と女性では、好む色の傾向が違います。例えばランドセルでも男の子は黒、女の子は赤と決まっていた時代がありますが、これと同じように性別や年代によって好みの色に偏りが見られる場合があります。
男性と比べると、女性の方が明るく個性的なボディーカラーを好む傾向があります。しかし中古車全体としての需要を考慮すると、女性から人気があるものだと、その他の層には需要が低い車と言い換えることができるのです。女性から人気の高いボディーカラーが悪いわけではありませんが、老若男女問わずに受け入れられる定番カラーの方が買い手は見つかりやすいと予測されます。その結果として、定番カラーの方が高額査定につながりやすいのです。よって、数年後に愛車の乗り換えを検討している場合には、価格が変動しやすい個性的な色よりも、無難な定番カラーを選んでおく方が高額で買取してもらえる可能性があると言えるでしょう。
ただ定番人気のブラックやホワイトはキズが目立ちやすいという一面もあるので、購入後には扱いに注意する必要があります。また塗り替えをしてもすぐ査定士に見抜かれてしまいますので、車体本来の色で査定に挑むようにしましょう。
車を売却する際は、交渉を有利に運ぶために、愛車が人気色かどうかを調べてみるといいでしょう。人気色であることが分かれば、査定の際にもそれをアピールすることができます。また何も言わなくても人気色ということでプラス査定になる場合がありますので、どちらにしても定番色の方が査定には有利に働く可能性が高いと言えるでしょう。ちなみに愛車が人気色であるかどうかを調べるためには、車査定のサイトが役に立ちます。
なお業者を変えると同じ車でも違う評価を得られる場合があるので、一括査定サイトなどを利用して、より高く買取してくれる業者を探すようにするといいでしょう。