大切な車を売る

果たして事故車は買取してもらえるのか

中古車は車種や売る時期など、そのときの条件によって買取額が大きく変動します。
とはいっても、普通の中古車が買取してもらえない事態はほとんど起こりません。
よほどの型落ちや信じられないほどの走行距離を記録していなければ、買取不可となることはないでしょう。
しかし、これが事故車になってくると事情が変わってきます。
事故車は、基本的に査定額が低下してしまい、破損状況によっては買取不可とするディーラーもいます。
場合によってはそのまま廃車し、こちらが手数料などを支払うはめになることもあります。
事故をして車を失った上に、手数料まで支払いするのは出来れば避けたいところ。
そこで少しでもお金を得るために使いたいのが、中古車買取業者です。
中古車買取業者なら、事故車でも買取してもらえます。

どこからが大きな事故?

事故を起こしてしまうと、買取額が大幅に下がってしまうこともあります。
そのため、「事故車=低額買取」と勘違いしている人も多いでしょう。
しかし、事故車だからといって、必ずしも低額買取になるのかと言えばそうではありません。
まず大事になってくるのが、事故によって損傷した箇所です。
損傷した箇所が車の骨格に大きく関わらなければ、事故車として扱われない可能性大です。
まずフレームやクロスメンバー、ラジエーターコアサポートなどに破損がないか確認しましょう。
このような車の基礎に関わる部分に故障がない場合は、特に問題なく通常の中古車として買取してもらえるでしょう。

廃車を検討する前に売却を検討

では、フレームなどの部分が損傷している事故車は一体どうなるのでしょうか。
実はそのような大きな事故を起こしている車でも、売却は充分可能です。
なぜなら、事故で車が損傷していても、全ての部品が損傷している可能性は低いからです。
つまり事故車は、車本体としての価値が低くなっても、部品さえ無事であれば、中古部品として扱うことが出来ます。
そのため、後方部分が大きく損傷していても、前方部分が無事であれば買取してもらえることも多いのです。
また同じ理由から、不動車だからといって必ず売却出来ないとは限りません。
もちろん、分解する手間が余分にかかるので、通常の中古車買取よりは査定額が低下してしまいます。
しかし、廃車する手間は手数料を考えれば、売れる部分は売ってしまった方が良いでしょう。

修理費が高額なら、売却して新車買い替えも検討

事故を起こしてしまうと、心配なのが修理費用。
大きな事故の場合は、どうしても修理費が高くなります。
また小さな事故であっても、破損部分によっては想像以上の修理費が必要になるケースもあります。
もしその車が購入したばかりの車なら、修理した方が良いかもしれません。
しかし、購入して年月がある程度経っているなら、保険金と売却金で新車に乗り換えた方がお得なこともあります。
修理費を見てうんざりするようなら、一旦売却することも視野に入れておくのがおすすめです。

事故車は正直に申告した方が良い?

中古車として売却する際に、必ず聞かれるのが事故歴の有無。
事故歴があると、どうしても買取価格が低下してしまうので、出来れば言いたくないのが本音でしょう。
人によっては、事故していることを言わずに、嘘をつくような人もいます。
しかし、残念ながらこの嘘は十中八九バレます。
目立たないような小さな事故や、外装部分だけのキズなら気付かない場合もありますが、保険を使うような大きめの事故は、査定時にバレるでしょう。
もしバレなくても、即現金払いでもない限りは、振込される前に気付かれます。
こうなると、もめる原因になってしまい、場合によっては買取額を相場より低く設定される場合があります。
また事故の有無を聞かれて、嘘をついている場合には、信義則(民法1条2項)や詐欺罪にあたる可能性もあります。
これだけのリスクを払って嘘をついても、バレてしまえば買取額は大きく低下します。
そのため、最初から正直に申告しておきましょう。
このように、事故は中古車として買取してもらう上で非常に厄介です。
しかし、事故をしたからといって、必ず売却額が低くなるとは限りません。
諦める前に、まずは査定してもらいましょう。