大切な車を売る

中古車査定マメ知識

目次


中古車査定マメ知識

あなたがトラックの運転手だったり、自家製の重機を持っていたとしよう。
あなたの車のローンが、まだ支払い終えていなかったとしよう。
下取りと買取、どちらがお得か悩んでいたとしよう。
ここでは、そんな中古車に関するちょっとした豆知識を紹介していこう。

国内で売るよりも、国外で売ったほうが良い

日本で外車を購入した場合、乗らなくなった外車を高く売るのは少し難しい。
それは外車にあまり需要がないからだ。
しかし、それとは逆に、日本の車は海外で高く売れることが多い。
中でも顕著なのが、トラック、バス、バンと言った作業車だ。
日本の車の特徴として、頑丈であり、高品質であるというものがある。
つまり、頑丈で高品質なバンや軽トラは、作業をするにはうってつけな車であり、人気が結構高いのだ。
なんといっても一般の車とは違い、車の傷などを気にする必要があまりないので多少乱暴に扱ってもそこまで気にならないからである。
そんなわけで、作業用の車は非常に人気が高いのだが、中でも一番人気があるのは、国外である。
一部開発途上国において、頑丈な車というのは何物にも代えがたい貴重な移動手段や運送手段となる。
作業現場まで大量に人や資材を運ぶことが出来、壊れにくい日本製の車の需要は、海外のほうが高い傾向にある。
よって、高値で取引されやすいのだ。

ディーラーによって、買取価格は違うが、こういった軽トラなどの買取専門店では、従来の車よりも査定は優し目で、高価買取りをしているところは多い。
と言っても、さすがに廃車寸前の場合だと買取価格は著しく下がるので注意しよう。
ちなみに、ダンプカーやショベルカー、クレーン車などの重機だが、こちらもやはり海外での需要は高いので、高価買取りは可能だ。
しかし、こういった重機を個人で所有している人は殆どいないので、あまり関係のない話かもしれない。

車のローンの支払は必ず終えておくこと

中古車を売却する際に、やって置かなければならないことが一つだけある。
それが、ローンの返済である。

車を購入する際、多くの場合が分割払い、すなわち、ローンで購入する人は多いと思う。
この際に、ローンがまだ残っている場合、その車は厳密にはまだあなたの車ではないのだ。
ローンを完済するまでの間、正式な所有者は書類上ではローンを組んでいるクレジットカードの会社がオーナーということになっているのだ。
よって、車を売却するには、まずはローンを払わなくてはいけないということだ。
しかし、査定額がローンの残金を上回っている場合はその限りではない。
査定額でローンの支払を完済することも出来るのだ。
この仕組は確立しているので、ローンがまだ残っているが査定額でその分の金額を支払いたいという旨を車買取店にいうことで、店側がそのための手続きをとってくれるのだ。
勿論、これが可能なのは査定額がローンの残金より多ければの話であり、返済に足りない場合はこの申込は無効となる。
よって、まずは車を査定してもらい、買取金額を見せてもらった上で行動しよう。
なお、この際にあちこちで査定額を比較しておくことで、一番買取金額が高い店を探すことも可能だ。
この時注意しなければならないのは、早めに決断しなければならないことだ。
査定額というのは時間の流れとともに変動するため、前よりも金額が下がってしまうということは決して珍しいことではないのだ。

下取りと買取。その違い

車を売却する際に、下取り、もしくは買取、どちらにするかという選択をすることになる場合がある。
買取とは、名前のとおり、買い取ってもらうことであり、下取りとは、新しい車を買う際の資金の足しにするということだ。
というわけで、ここでは買取及び下取りの、メリットとデメリットを紹介しよう。

買取のメリット
・買取価格の比較がしやすい
・高価買取の可能性がやや高い
・店によってはオプションパーツなどが+の材料になる場合がある。
・様々な買取方法や買取専門店が多く、バリエーションは豊か。
 
デメリット
・相場変動が激しいので、希望通りの値段になりやすい場合と、なりにくい場合になるケースが極端。
・バリエーションは豊かだが、その分当たり外れが激しいので安く買い叩かれる可能性も高い。

これらが、買取のメリットとデメリットだ。
続いて、下取りのメリットとデメリットを話そう。

下取りのメリット
・車の購入や売却を同時に行えるので、手間が非常に少ない。
・場合によっては、下取り額を多めにしてもらえる可能性もある(店舗による)
 
下取りのデメリット
・査定額に左右されることは殆ど無いので場合によっては買取価格よりも安くなる場合がある。
・買い取ってもらうのではなく、次に買う車の費用に当てるということで現金化することは出来ない。
・オプションパーツなどは査定額のプラスになりにくい。

と、これが下取りのデメリットだ。
こうやって見比べると、買取は高価買取りの可能性がある一方、安く買い叩かれる可能性もあるという面があり、下取りは安定しているが高価買取の可能性は低いという特徴がある。

一見、高価買取りのメリットがあるぶん、買取の方がお得に見えるかもしれないが、一概にそうは言い切れないのだ。
安定か、高価買取りの可能性か。
どちらを選ぶかは最終的にあなたの判断が決め手となるのだ。
めったにしないことなので、よく吟味して結論づけよう。