大切な車を売る

見積もりを取る

相見積もりという言葉をご存知でしょうか。
相見積もりというのは、複数の業者から見積もりを取ることです。
このサイトでも、再三に渡って「一括査定の重要性」についてご説明してきました。
そして、「一括査定」と同じような意味で用いられているのが「相見積もり」という言葉です。相見積もりによって複数の業者から見積もりを取ることで、大切な愛車を高額買取してくれるところを見つけられます。
愛車を高く売る鍵は、相見積もりにあったのです。
同じ車を査定に出しても、見積もりに数十万円の開きが出てしまうことがあります。
より高く売るためには、1社だけで判断するのは危険なのです。
自宅にいながら様々な業者の見積もりを取れる一括見積もりサイトを、最大限に活用してみましょう。

交渉が苦手な人に

一括見積もりを利用すれば、自宅にいながら簡単に相見積もりを取ることができます。
ここでは複数の業者が競合していますので、言い値を提示して様子見をしている暇はありません。
よって、交渉が苦手な人や、面倒なことが苦手な人には最初から本気値がわかる一括見積もりがオススメです。
一括見積もりサイトでは、一般的には10社前後、多ければ30社以上もの業者から見積もりを取ることができます。
また、サイトによっては見積もりを取る業者を指定できるものもありますから、知りたい情報だけを抽出することができるのです。
ちなみに一括見積もりサイトでは郵便番号を入力することが多いですが、これは自宅近くの営業所の結果を提示するためなのです。
このサイトを活用すれば、買取額の相場がわかります。
大切にしているこだわりの愛車をより高く買取をしてもらいたい時も、相見積もりが鍵となっているのです。

査定を比較する

「どこに出しても、査定額はそれほど変わらないでしょう?」
そう思っていませんか?結論から言いますと、同じ車でも業者によって査定額は違います。
業者ごとに販売ルートが違っており、業者によって欲しい車や得意な車が違うのです。
このことから1社しか見積もりを取らないと、とても損をしてしまうことがわかります。
またインターネットで一括査定ができるサイトもありますが、あの値段と実際の買取価格や下取り価格がまったく同じになるとは限りません。
正確は買取価格や下取り価格は実車査定をしてみないとわからないので、あくまでも相場や最高目標価格と思っておくといいでしょう。

なぜ比較が必要か

比較が必要なのは、相場を知る必要があるからです。相場を知らないと、平均よりも数十万円程度安い価格で愛車を手放してしまうおそれがあります。
数十万円が惜しくないという人はいいのですが、同じ車なのに業者によって査定額に開きが出るのであれば、色々な業者を見比べる方が得策です。
また愛車の相場を知ることができるので、古い車や走行距離が10万km以上の車でも、予想外の価値がついて嬉しい驚きを感じられるかもしれません。

色々な比較方法

車査定には、単独査定と一括査定の2種類があります。
1社ずつ単独査定をするよりも、ネットで一括査定をして高い見積もりを出してくれるところを探す方が効率的です。
一括査定で提示された見積もりと実際の査定額は違う場合があるので、不安な時は上位3社くらいを選んで無料の出張査定をしてもらうといいでしょう。