大切な車を売る

査定前に知っておきたいこと

出張査定の魅力

中古車査定を頼む時、忙しい時でも役立つのが出張査定です。
出張査定は、電話やインターネットで24時間申し込みをできることが多いです。
また希望の日時や場所を指定できるので、スケジュールの空きに合わせて予定を組めます。
なお出張査定を利用する時は、自宅だけでなく職場も指定できます。
例えば自宅に呼ぶ場合、休日でも約束の時間までノンビリできます。また自宅だけでなく職場にも呼べるので、多忙な時には大変便利です。ただし、あえて補足するまでもありませんが、希望した時間に他のアポが入っている場合などもありますので、第三候補くらいまで査定の希望日を決めておくといいでしょう。
出張査定を頼む時は、最初に費用の有無を確認しておきましょう。たいていは無料となっているところが多いですが、契約まで成立しないと有料という場合もあるのでよく確認しておきましょう。
また、出張査定を頼みたい場所が遠く離れていた時は、自宅まで来てくれるか確認しておくといいでしょう。あまりにも距離がある場合は、出張査定を申し込んでも断られる可能性があります。そのため、一つの業者に決めてしまうというよりも、いくつかの業者をピックアップしておく方が万一断られたとしても安心です。

査定額に幅がある

出張査定の費用もそうですが、愛車を査定に出す時は、出ていくお金がいくらあるのか気になるでしょう。出張費用は業者によって異なりますが、原則として車売却をする際に余分な費用は発生しません。厳密に言うと、名義変更をする際には名義変更料や印紙代といった手数料がかかります。諸経費を実費として支払わないケースもわりと多いですが、売却時にかかる費用もあるというのを覚えておくといいでしょう。
なお売却を検討している際は、実車査定よりもオンライン査定の方が手軽です。上手に活用すれば便利な方法ですが、オンライン査定だと実際の査定額とかなり開きが出る可能性があります。なぜなら正確な査定額というのは、実物を見てみないとわからないからです。そのため査定額に幅を持たせて、見積もりと査定額に大きな違いが出ないように調整しているのです。やはり正確な価値を知るには実車査定を頼むのが一番ですが、あくまでも目安や相場を知るという意味ではオンライン査定を有効に活用できます。
キャンセルとなれば
売却の契約をした後は、買取額は銀行振込となるケースが多いです。振込日までの日数はそれぞれ違いがありますが、1週間以上かかることは少ないでしょう。ただし提出書類がそろってからの入金になりますので、書類に不備がないように注意しておきましょう。
なお、もともとは売却をするつもりであっても、何らかの事情によってキャンセルができない場合はあると思います。もちろん、契約後のキャンセルは買取店に迷惑がかかるので極力さけないといけません。しかし、どうしてもという時にはキャンセルをするしかありません。突然のキャンセルは違約金が発生する可能性が高いのを念頭に入れておかないといけませんが、取りやめにしなければならない事情がある時は、キャンセルがわかった時点ですぐに店舗へ連絡を入れましょう。タイミングによってはキャンセルが難しい場合もありますので、なるべく早く連絡をするようにしましょう。
そもそもキャンセルしなくていいように、売却前にきちんと考えておくのが大切です。
このように、愛車を手放す時に知っておきたい情報はいくつもあります。
査定方法にも、オンライン査定、出張査定、実車査定などさまざまな方法がありますので、メリットを活かしてより良い査定額を目指しましょう。