大切な車を売る

中古車売却で損をしないための基礎知識

乗っていた車を売りたい場合多くの人は、ディーラーに下取りしてもらうか、買取業者に売却するかを選ぶでしょう。
しかし最近では、もう1つ中古車売買を行なう方法が出て来ました。

オートオークション

それはオークションです。
オークションといっても、様々なものが売られているようなネットオークションではなく、中古車を専門的に扱っているオートオークションと呼ばれるものです。
このオートオークションは、基本的に業者間で取引することが前提なので、一般ユーザーが自分で売買することは出来ません。
ところが近年では、このオークションをユーザーの代わりに行ってくれる代行業者が登場したのです。
これを上手に活用すれば、ディーラーの下取りや買取業者の査定よりも、高く売ることが可能です。
だからいって必ずしもオークションの方がお得になるとは限りません。
もし全国展開している大手の買取業者なら、その車種を購入したいという人が既に訪れているかもしれません。
すぐに購入してもらえるとなれば、業者としても出来るだけ早くその車を買取したいところです。
そのため、もしかするとオークションよりも高い金額で買取してもらえるかもしれません。
またオートオークションは、業者が使用するオークションなので、だいたいの相場を知るためには有効なツールです。
しかし車の状態によって金額は変動するので、自分の車も同じ金額で売れるとは限りません。
そのため、相場を判断する時は複数のケースを見て、10万~20万のようにある程度幅をもたして考えておきましょう。
買取業者が使用することも
中古車のオートオークションは、買取業者が使用することもあります。
特に小さな買取業者は、販売網に限りが出てくるので、オートオークションで売れるかどうかが大事なポイントになります。
そのため、買取業者からオートオークションでの価格を見せられ、それを基準にして交渉することもあります。
しかし、オートオークションでは車がどのような状態なのか詳細が記載されています。
そのため、状態が良いものはより高い価格で入札され、状態が悪いものは入札すらされない車もあります。もしかすると業者は、わざわざ状態の悪い車の事例を見せているのかもしれません。
つまり同じ車でも、オートオークションで売られている金額=妥当な金額とは限らないのです。
そのため、売却交渉の時に業者からオートオークションの値段を見せられることもありますが、これが適正価格なんだと安易に思わないようにしましょう。

代行か買取か

車を売却する方法として、オークションは魅力的に見えるかもしれません。
相場より高く買取してもらえる可能性も充分にあるからです。
しかしオークションだと、必ず売れるとは限りませんよね。
なかなか買い手があらわれず、そのままどんどんと価値が下がってしまうこともあります。
そのためオークションは、ギャンブル性の高い売却方法といえるでしょう。
それに対して買取業者は、一度契約できればある程度まとまったお金をすぐに手に入れられます。売却後に業者から個人へ売れなくてもこちらへの影響は特にありません。
そのため、買取業者を利用して売却するのは、オークションよりもギャンブル性やリスクが少ないといえます。

オートオークションの注意点

オートオークションの代行は、売却が成立すると手数料や費用を引いた額がこちらに入ってきます。
そのため、実際に売れた金額よりもいくらか減ってしまいます。なかには手数料や費用をきちんと聞いておらず、あとで引かれた金額を見てびっくりする人もいます。
オートオークションでいくら高く売れても、手数料や費用をたくさん取られては意味がありません。結局、買取業者を使った方が良かったなんてケースもよくあります。
そのため、オートオークション代行をお願いする時は、先に手数料や費用がどのようになっているのか確認しておきましょう。
このように中古車の売却も様々な選択肢が増えています。
自分の状況や性格に合った売却方法で、少しでもお得に中古車を売りましょう。